フィアンセに贈る婚約指輪の相場について知ろう。

理想的な結婚をするために不可欠な事を知る

年収を見て

婚約指輪はお互いの気持ち

婚約指輪に憧れを持っている女性は少なくありません。中には、「これが欲しい」と決めている女性もいることでしょう。一生に一度のものですし特別な指輪なので、そう思う気持ちは否定しません。 しかし、忘れてはいけないのは、それを購入する男性の負担です。 婚約指輪自体は既に記念品の一つとして定着しているので、婚約したカップルの6割以上が購入しているとされています。そのため婚約指輪は今後も廃れることのない習慣として続いていくでしょう。 ただ、どのような婚約指輪を購入するかはカップルにより一概ではなく、このレベルでないといけないというような決まりもないのです。よって、女性は男性の状況を考慮して購入してもらうことも必要でしょう。

男性の年収で費用をみよう

婚約指輪購入時に気になるのは相場でしょう。安すぎる婚約指輪は嫌だという女性もいますが、まず男性の年収を考慮して考えなくてはなりません。 例えば婚約指輪の相場は30〜35万円とされていますが、年収400万円の方と年収800万円の方の30〜35万円は価値と負担が違います。そこで、男性の年収から適した相場を考える必要があるでしょう。 そこから相場を出すと、年収の8割が婚約指輪の平均価格とされています。 しかし、この基準も目安にしか過ぎないため、もしも男性がそれ以上出せるというのなら平均価格以上でも構いませんし、そこまでは出せないというのなら平均価格以下でも構わないのです。 要は婚約指輪とは気持ちですので、価格にこだわりすぎるのはよくありません。